アメリカはAIとブロックチェーンを利用し、5Gで中国を越えるかもしれない?

アメリカはAIとブロックチェーンを利用し、5Gで中国を越えるかもしれない?

第5世代移動通信システム(5G)にはブロックチェーンとAIが必須?

2019年5月2日に米国マサチューセッツ工科大内の研究所であるMITメディアラボとブロックチェーンを研究する団体Digital Currency Initiativeとマサチューセッツ工科大学が所有するメディア企業が刊行する科学技術雑誌MIT Technology Reviewが主催するイベントBusiness of Blockchainが開催されました。このイベントでは、ブロックチェーンで世界のビジネスをどのように変えることができるか、ということについてテクノロジー、理論、影響力の面から検討する会議です。

Business of Blockchainで米国連邦通信委員会の最高権威者であるJessica Rosenworcel氏は、人工知能(AI)とブロックチェーン技術が、米国の技術的ライバルである中国との第5世代移動通信システムの競争において、非常に重要であると述べました。

世界がこぞって開発を進めている5Gとは?

通信業界は世界的に、2020年の情報社会に耐えることができる新たな第5世代移動通信システム(5G)の研究開発に取り組み続けています。

第5世代移動通信システム(5G)は以下の通信技術を要求条件とされています。

  • 高速・大容量化 …動画、高精細な画像など従来の1000倍の膨大なパケット量に耐えることができること
  • 超多数端末接続可能 …IoT(物×物)や遠隔制御、触感通信など様々な通信方法に対応可能であること
  • 超低速遅延 …従来の数十ミリ秒程度の遅延を数ミリ秒まで短くすること、無線区画の場合は1ミリ秒以下であること
  • 超高信頼性 …信頼性が99.999%であること
  • 省電力化・低コスト化 …情報通信技術業界の課題である電力消費増加を抑えることができる省電力化、低コスト化が可能であること

求められているこれからの無線通信技術の姿

現在、無線通信技術は、無線で端末とアクセスポイントをつなぐWi-Fiやワイヤレスイヤホンに使われているBluetooth、インターネットを利用するためにつなぐ携帯電話回線(4G・LTE)存在し、それぞれ用途ごとに分けられています。用途を分けることで干渉は避けることができても、電波を100%効率的に使用することはできていません。

5Gの一連のテクノロジにより、デバイスはさまざまな方法で、無線通信技術で接続できます。最大20ギガビット/秒の速度待ち時間が大幅に短縮され、5Gスマートフォンは高品質のアプリケーションを実行したり、映画を数秒でダウンロードしたりすることができるはずだと考えられています。また、5Gにより携帯から冷蔵庫までより多くの機器をインターネットに接続するIoT化も可能になると考えられています。

無線通信技術で米国が中国に勝つ方法はブロックチェーンとAI?

Jessica Rosenworcel氏は、5Gの実現のためにスペクトルのためのリアルタイム市場を考えるべきであると述べています。加えて、米国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)がAIを使用して目に見えない波長領域上で交渉する方法を考案しており、さらに米国の通信事業の規制監督を行う連邦通信委員会(Federal Communications Commission)もブロックチェーンがどのように導入活用できるか調査を始めていると述べました。

アメリカ国立標準技術研究所(NIST)でも人工知能(AI)による無線通信技術向上の調査が行われていおます。
同機関の研究を主導しているNISTの研究者Michael Souryalは、次のように述べています。
「大量のデータを処理し、迅速に意思決定を行う必要があるワイヤレスネットワークの問題は、AIにより解決できる可能性があります。私たちが研究してきた1つの例は、リアルタイムのシグナル検出と分類のためのAIの使用です。これは波長の共有にとって重要です。」

米国は5Gの研究に対してブロックチェーンと人工知能(AI)の技術を用いて研究開発を行っています。
5Gにおいての新しい無線技術開発のために人工知能(AI)、ブロックチェーンが米国、中国を始めとして他の国々でも関心を集めていますが、5Gの製品化には未だ至っていません。

きたる5G環境に合わせたブロックチェーンプラットフォームが発表!

2019年4月16日のコリア・タイムズで韓国の大手通信企業であるKT社が第5世代移動通信システムである5Gネットワークに対応したブロックチェーンプラットフォーム[GiGAChain]を発表したと報じられました。
[GiGAChain]これからくる5Gの環境に合わせて利用が可能であり、Iot端末のセキュリティ強化を目的としています。KT社は、今後の5Gの普及に伴って増加するであろう接続されたデバイス(Iot端末)のIPアドレスを見えなくするGiGAステルス技術を開発しました。GiGAステルス技術によりハッカーはデバイスを認識できなくなり、ハッキングの防止に有効であると考えられています。

 

5Gの製品化のために人工知能(AI)やブロックチェーンを使った開発が進められている中で、これからの5Gの時代に合わせたIot端末のセキュリティ保護プラットフォームが開発、発表されました。今後を見据えて、今、開発を始めることで5Gが普及した際の先駆者になれる鍵となっています。

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?