あのIBMがヨーロッパの自転車盗難問題解決のためにリソースを提供

あのIBMがヨーロッパの自転車盗難問題解決のためにリソースを提供

多くのスタートアップと提携し、積極的にブロックチェーン業界に参入しているIBM社ですが、ヨーロッパにおいて非常に人気の高い自転車に注目をし、自転車ユーザーにとって大きな懸念となっている盗難についてのソリューションを提供しました。

自転車が盗まれた場合には、反論の余地が出ないような所有権証明の提示が必要であると同時に盗難報告および届け出には様々なプロセスが必要で、時には受理されるまでに数週間かかることもあります。

このような雑多な問を解決するための取り組みです。

特に自転車の人気が高いオランダでは人口の84%が1台以上の自転車を保有していますが、電動自転車などの台頭で自転車自体の値段が高騰しており、自転車の盗難が深刻な問題となっています。

ヨーロッパIBMのブロックチェーンチーフであるLouis de Bruin氏はこの問題について以下のように語っています。
「現在、盗まれた自転車の報告と申し立てのプロセスは、関係者全員、所有者、保険当事者、および警察にとって非常に面倒です。自転車の所有情報をブロックチェーンに記録することでストレスは軽減されます。盗まれた自転車と所有者に関するすべての情報はブロックチェーンに記録され、当事者が適切なタイミングでアクセスできるようになっています。このブロックチェーンを活用することによって、盗まれた自転車に関する届け出を数秒で処理することができます」

 

アプリケーションは所有者用・警察用・保険会社用の3つです。

自転車の所有者は、オープンソースのHyperledgerを活用して設計されたこのプラットフォームで自転車を登録します。

自転車が登録されると位置情報がプラットフォームに送信されます。
自転車が盗まれた場合、所有者はアプリを使って報告すると、警察や保険会社などのアプリケーションにこの情報が通知される仕組みになっています。

警察用のアプリは、盗まれた自転車の情報を開示して盗難報告の確認と事務処理を行うのを助け、保険会社用のアプリケーションでは所有者が補償を受ける資格があるかどうかを検証します。この際スマートコントラクトは、所有者に保険がかけられているかどうか、自転車が施錠されているかどうか、警察が盗難報告を確認したかどうかを確認します。

スマートコントラクトとは?
ブロックチェーンの機能のひとつ。ブロックチェーン上であらかじめ設定した条件に従って、取引が自動的に行われる仕組み。
売買や権利の移動など複雑な作業をが人の手を介すことなく自動的に行われるため、間違いや改ざんがなくなり、所要時間などの削減にもつながる。

このように盗難に関する届け出や確認を合理化し、コミュニケーションの仲介をブロックチェーンが行うことで盗難に対する大きな不安を払拭し、それ自体が盗難への抑制にもつながることをIBMは期待しています。

まだまだ発展を続けるブロックチェーン技術ですが、今後も自転車のみならず貴重な財産や所有物の盗難を減少させ、紛失してしまった場合にも、速やかに取り戻すことが可能になるかもしれません。

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?