eコマース企業が暗号通貨を取り入れたプラットフォームをオープン【2019年最新情報】

eコマース企業が暗号通貨を取り入れたプラットフォームをオープン【2019年最新情報】

eコマース企業であるQoo10は、ブロックチェーンベースの新しい暗号通貨を発表しました。

2019年1月1日にオープンしたQuuBe(キューブ)というプラットフォームは、Qoo10の主力市場と似ており、デスクトップとモバイルで利用することができます。

QuuBeではプライベートブロックチェーントークンであるQコインを使用することで商品を購入ができます。
そして、Quubeはスマートコントラクトを使用することで、加盟店と買い物をする顧客との間の取引を自動化しました。

Qoo10のCEOであるKu Young Bae氏は、従来のマーケットでは10%の手数料かかっていたが、新しい収益モデルにより、他のeコマースプラットフォームよりも優位に立つことができ、さらに、シンガポールに本社を置くQoo10は、インドネシア、マレーシア、中国、香港などの国々で毎日600万人のアクティブユーザーを抱えているため、ブロックチェーンテクノロジーの導入により東南アジアの非銀行利用者層の市場にも役立つと発表しています。

 

ブロックチェーンテクノロジーの導入についてもKu氏は以下のように述べております。
「通常銀行にお金を入れます。 お金を民間企業の[携帯ウオレット]に入れることはできませんでした」
「会社は破産する可能性があり、データを変更するだけで済むかもしれませんし、あるいは盗まれる可能性もあります。 信頼が築かれない限り、ウオレットへの入金は信用できません。 ブロックチェーンウオレットは私たちが改ざんし、アクセスできるものではないため、これらのハードルはブロックチェーンによって、解決できます。 アクセスできるのはあなただけです」

ブロックチェーンテクノロジーの導入

EthereumやBitcoinなどの暗号通貨はボラティリティーが大きく、商品の売買に用いるためにはリスクが高すぎます。
価格変動といった予測不可能性に顧客をさらさないようにするために、Qoo10はトークンの価値の基準として米ドルを使用しています。

Qoo10の他にも米ドルを基準としたトークンは存在しており、安定した値を保持するとして、着実に人気が高まっています。
トークンの安定性の実現させるためのガバナンスとして Qoo10は、早期購入者のための付加価値の一形態として、より多くのQコインが購入されるにつれて変換レートを徐々に上げることを計画しています。たとえば、最初の100万の販売後にトークンの値を1.01米ドルに引き上げ、次に2番目の100万の売却後に1.02米ドルに引き上げるのです。

QuuBeはトークンの価値をコントロールしながら、ブロックチェーン技術による独自の利点をユーザーに提供することを目指しています。

銀行を持たいない地域のアクティブユーザー層を獲得するためには、暗号通貨は有効的ですが、市場を占有できるかどうかは、商品の売買に対して暗号通貨の取り入れ方が重要となります。

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?