フェアトレードが抱える透明性の欠如をブロックチェーンが解決する!

フェアトレードが抱える透明性の欠如をブロックチェーンが解決する!

フェアトレードとブロックチェーン技術

1日2ドル未満、つまり約220円以下で暮らす農家が多いと言われている、発展途上国のコーヒー農家やカカオ農家は、児童労働や長時間労働、危険を伴う労働の温床とされています。

その解決法としてフェアトレードという仕組みがあります。

フェアトレードとは、発展途上国で作られた作物や製品を、継続的に適正な価格で取引することです。

これにより生産者の生活向上を持続的に支援することができます。
消費者も自分たちの欲しいと思ったもの、気に入ったものを購入することで発展途上国の支援につながることから、身近な国際協力として欧米を中心に積極的に行われています。

日本においてはまだまだその言葉の認知度、取り組みも積極的とは言えず、言葉だけが一人歩きしている状態と言えます。

フェアトレードが抱える課題

このフェアトレードは国際協力の一つとしてポジティブなイメージを持たれますが、現状抱えている課題や、支援者からの批判も多くあります。以下はその一例です。

  • 生産者が本当に適正な報酬を得ているのか
  • 生産環境を消費者がチェックできるような場やシステムが足りない
  • 生産物が本当に安全なものなのかを確認できない

フェアトレードとして扱われていた商品が実はフェアトレードではなかったというケースや、
生産者に十分な賃金が支払われておらず、仲介者がお金を吸い上げていたケースなども存在します。

フェアトレード商品は他の一般的商品と比べて、若干高価な場合が多く、一定の品質も求められることから、その商品の安全性担保なども求められています。

ブロックチェーン技術を使ってフェアトレードの課題解決を目指す企業事例

このような現状から、ブロックチェーン技術を導入しフェアトレードを支援するベンチャー企業があります。

アフリカ最大のコーヒー生産国であるウガンダのコーヒー会社、CaricoCaféConnoisseur社がコーヒーのフェアトレードにブロックチェーン技術を導入しました。
消費者はコーヒー製造の農園、所在地、豆の品種までをブロックチェーン上で記録された情報として確認することができ、信頼できる農家や販売所から購入することができます。

さらに、Bext Holdings.inc社は農家側の問題を解決するためにブロックチェーン技術を導入しています。
コーヒー豆の取引価格や取引先を記録したブロックチェーンを用い、農家がコーヒー豆の適正価格を瞬時に確認できるシステムを構築しました。
そしてモバイル決済を通じてリアルタイムに対価が支払らわれ、農家にも賃金が支払われます。
これにより仲介業者の搾取や、取引価格の暴騰暴落などもなく、安定した収益として得ることができます。

日本においてはフェアトレードという言葉の認知度自体が低く、馴染みがないかもしれませんが、
注目され始めているブロックチェーンという言葉とともに、生産者・消費者が納得した取引ができるシステム構築が求められています。

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?