食の安全をブロックチェーンで守る!野菜の安全性から向上を目指す!

食の安全をブロックチェーンで守る!野菜の安全性から向上を目指す!

ブロックチェーン技術を使った食品の安全管理システム開発と背景

アメリカにある世界最大のスーパーマーケットチェーン「ウォルマート」と
同社の会員制スーパーマーケット「サムズクラブ」は、2019年9月30日までにとあるシステムを立ち上げる予定だとしています。
そのとあるシステムとは、契約しているレタスの供給業者に対して、供給する野菜に関する情報をブロックチェーン上に記録させるというものです。
ブロックチェーン上で野菜の情報を管理することによって、食品の生産から、私たちが消費するまでのあらゆる情報をることができます。

つまり、野菜の安全性が高まり情報そのものの透明性も担保されるのです。

この取り組みは食品汚染の問題解決のために行われており野菜生産に関連する業者に対してブロックチェーン技術導入の開始アナウンスがされている段階であると報じられています。

ブロックチェーン技術導入の背景にはアメリカにおける大腸菌、サルモネラ菌などのウィルス感染増加があります。

さらに人的管理のクオリティ底上げや監視の意味も含まれています。
特にアメリカでは大腸菌ウイルスの被害が増加したことにより、再び食品衛生管理の重要性が唱えられています。
2018年には「米疾病対策センター」の保健当局が指定された地域で栽培されたレタスの食用をアメリカ国民に警告するなど、被害は深刻です。

この警告ではレタスの生産地域を指定したにも関わらず、購入者・消費者ともに
どのレタスが安全だったのかを正確に知ることができなかったため、他の安全なレタスも風評被害を受けました。

食の安全性向上のために進む、ブロックチェーン技術開発

食品衛生の問題はいつでも、どこでも起こり得ることです。

ですが、ブロックチェーン技術を使い、野菜の情報を管理することで、前述の通り野菜の安全性を保障することができます。
そして汚染問題や管理問題が発生した場合でもどの食品が安全なのか、スピーディーに確認することができます。
消費者もQRコードなどを使って、産地や管理方法、運送情報などを知ることができれば安心して食することが可能です。

ブロックチェーン技術の記録を永久的に残せる点や不正や改ざんが現実的に不可能な特徴を生かし、
安心して食べられる「安全な食品」を見分ける重要な手段として今後、システム開発が進みます。

ブロックチェーン技術を用いた品質保証のプロジェクトは食品に限らず進んでおり、小売業界やサプライチェーン業界に大きな変革とビジネスチャンスとなります。
システムをいち早く開発することで、パイオニアになれることは間違いありません。

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?