ギフトカードの偽装や不正を防ぐ、ブロックチェーン技術

ギフトカードの偽装や不正を防ぐ、ブロックチェーン技術

現金、クレジットカード、モバイル決済など、人々が支払いに使う決済ツールは様々です。
そして年々増えてきていると言えます。

その中でも、昔からあるのが紙媒体のギフトカードです。

ギフトカードとブロックチェーン技術

ギフトカードは紙であるため、紙幣と同じように偽造される恐れがあります。
現に偽造紙幣のニュースは頻繁にメディアに上がります。

ギフトカードは製造されてから、使用されるまで、以下のような流れがあります。

製造→運送→販売→購入→使用

この流れは偽装や不正使用の温床になっていると言っても過言ではありません。
紙のギフトカードには表面にカード番号、裏面に使用するための暗証番号などが記載されています。
これはどの流れにいる人でも確認することができてしまうため、偽装などの犯罪に繋がっているのです。

また、この流れに沿ってギフトカードは扱われるため、

ギフトカードの発行や販売取引の処理に人を介す必要があり、仲介手数料やコストを払わなければいけなくなります。

ですがブロックチェーン技術を導入することによって、これらの問題は解決できます。

ブロックチェーンで防ぐギフトカードの不正

ブロックチェーン上に発行されたギフトカードを記録、管理することでカードの発行、販売、使用までを一貫して確認することが可能です。

また、ブロックチェーンの検証機能によって、不正が行われた際のトラッキングも時間的、人的コストをかけることなくできるようになります。
違法ユーザーの情報も登録しておけば、犯罪を未然に防げ、被害者を守れるので犯罪抑止にもつながることは間違いありません。

キャッシュレスの流れが強くなってくる中、紙媒体としてのギフトカードは資源コストや人的管理コストもかかっているため、
ブロックチェーン技術を導入することで、あらゆるコストを抑えることができます。

例えばチケットショップの買い取り業者も本物であるかどうかを紙媒体の番号で確認するのではなく、
ブロックチェーンの記録を照合するだけで、容易に換金することが可能です。

そして、贈答用としてギフトカードが用いられるときも、わざわざ郵送することがなく、贈りたい相手に簡単に贈ることができます。

日本においてはブロックチェーンという言葉自体、まだまだ浸透していませんが、ブロックチェーンの高い融和性は分野を問わず発揮されます。

ギフトカードにおいても、問題解決の一つの方法であり、今後さらに利用者が増えるためのカギであることは間違いありません。

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?