ハッカーからインフラを守るのは人の手ではなく、ブロックチェーン!?

ハッカーからインフラを守るのは人の手ではなく、ブロックチェーン!?

ハッカーからインフラを守るブロックチェーンシステム

重要なインフラストラクチャは常にハッカーに狙われています。

発電所、水道管理局、ガス会社、公共交通機関のデータベースなど、私たちの生活を支えているインフラストラクチャは中央管理者がいる場合が多く、
一元管理された中央管理部を攻撃することによって多大なデータが手に入れられることから、ハッカーからは恰好の的になっています。

ブロックチェーン技術を用いてインフラストラクチャーをハッカーから守り、よりセキュリティの高いものにすることを目指しているのがXageという会社です。

同社は電気、ガス、水道などの公益サービスや、輸送、製造のデジタル化などによるビジネス転換を推進しています。
同社が開発したのは重要なインフラをハッカーの攻撃から守り、多大な情報を保護しながらアメリカの国土安全保障省によって策定された新しい規制を遵守するためのツールです。

このシステムのセキュリティ基盤構築はブロックチェーン技術が活用されるため、ブロックチェーンの技術開発が進められています。
ブロックチェーン技術を導入することで、分散型管理が可能なのでハッカーによる一点突破を防ぎ、不正や改ざんも現実的に不可能です。

またエンドユーザーたちのスマートフォンやタブレットなど、ネットワークにアクセスできるデバイスを登録しておくことで、
いつどこで誰がどのデバイスでアクセスできるかを管理することがきます。
これはハッカーへのけん制にもつながります。
さらにハッカーが利用しているデバイスがブロックチェーン上に登録してあるものであれば、追跡も容易です。

Xageが開発しているシステムは、ハッカーがシステムに侵入しようとした、もしくはしようとする際に
ネットワーク全体に対して彼らの行動を制限することで、ピンポイントに検知されネットワーク全体に共有されます。
結果的にハッカーはネットワーク上で身動きがとれなくなるため、攻撃を回避できるということです。
実際にハッカーの攻撃を受けたとしても、ブロックチェーン状でのデータ通信は暗号技術を用いて送信されているので、通信中に攻撃を受けたとしてもハッキングされる可能性は低いです。

インフラストラクチャ管理の危険性を改善するブロックチェーン技術

インフラストラクチャの多くは情報が一元管理されており(管理会社や供給会社)、
加えて紙媒体でのやり取りや仲介業者の存在もあるため、不透明な部分があることも否めません。

現状の一元管理ではハッカーによる攻撃を受けた際の回避、追跡などの対応も明確な方法があると断言することが難しいと言えます。
ブロックチェーン技術を導入することによって私たちの生活に必要不可欠なインフラストラクチャの安全性、透明性が向上します。
一朝一夕にシステム構築ができることはないかもしれませんが、導入のための開発が急がれます。

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?