業界別 ブロックチェーンの活用に関する記事一覧 自治体・政治でブロックチェーン技術を活用・導入する

英国の大学がブロックチェーンで国立公文書を記録保管するシステムを提供

国立公文書をブロックチェーンで記録・保管するシステム デジタル証明、ヘルスケアなどの多彩な分野に対してブロックチェーンを用いた研究・取り組みを積極的に行っているサリー大学は、ブロックチェーン技術と人工知能(AI)を使い、デジタル画像やビデオなどのデジタル政府記録を改ざんから保護することを発表しました。 CoinDeskに提供されたプレスリリース情報 サリー大学の視覚・音声・信号処理センター(CVS […]

AI裁判官も近い?中国で裁判にブロックチェーン技術とAIの採用した結果

AIやブロックチェーンを取り入れた裁判を行った結果 北京インターネット裁判所の会長Zhang Wen氏が、2019年の中国知的所有権保護フォーラムのセミナーでブロックチェーン技術や人工知能(AI)を採用した判決を行い、素晴らしい結果を示すことができたと述べたことを地元の報道機関Global Timesが4月25日に報じました。 Zhang氏はまた以下の通り述べています。 「判決を下すためのサポート […]

  • 2019.03.20

ガントラッキングで安心安全な世界を目指す

ガントラッキングとブロックチェーン技術 銃社会と呼ばれるアメリカでは、銃の乱射事件や誤発砲事件などが後を絶ちません。 また違法な銃の輸出入も行われていることや、個人・団体問わず銃を所持する権利が憲法で保障されていることから、銃所有自体を禁止することはほぼ非現実的といわれています。 このような現状なので、ほぼ毎日のように銃が使われた事件・事故が発生していますが、銃規制に関する議論も繰り返し行われてい […]

ブロックチェーンは法的証拠として取り扱われるのか!?

ブロックチェーンは法的な証拠として効力はある? ブロックチェーンはあらゆる分野や物事においてその技術を導入することが可能で、私たちの毎日の生活を変える可能性を大いに秘めています。それは金銭、不動産、美術品、チケットなどその種類を問いません。さらには文書や画像、動画などの無形物であってもその取引記録などを永久的に残しておくことができます。 高い透明性や分散型台帳などの特徴があるブロックチェーンは事象 […]

公的文書の改ざん・偽造はブロックチェーンで防げる。日本企業が導入に前向きな理由

公的文書管理におけるブロックチェーンの可能性 現在、世間を賑わしている話題の一つである公的文書改ざん問題。 政府の公文書であっても、改ざんや不正が技術的にできてしまうというのは、かなり深刻な信用問題です。 省庁の官僚が文書を簡単に書き換えることが可能であるならば、 国民はなにをもって国を信じればいいのかわからなくなります。 この文書改ざん問題は氷山の一角であり、その他にも公的文書において不正や改ざ […]

投票システムに高いポテンシャルを秘めるブロックチェーン技術の実用性とは

日本の「投票」におけるブロックチェーン 今回ご紹介するのは、政治のみならずビジネスでのユースケースも多い「投票」におけるブロックチェーン技術の応用例です。 2018年にはつくば市が地方自治体レベルでは初めて 投票にブロックチェーンの技術を採用して注目を集めました。 これは選挙ではなく支援プロジェクトに投票するためのものでしたが、 世界的に選挙投票率の低い日本の現状を打破するものとして 多くの市町村 […]

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?