人気記事ランキング

  1. フェアトレードが抱える透明性の欠如をブロックチェーンが解決する!

    フェアトレードとブロックチェーン技術 1日2ドル未満、つまり約220円以下で暮らす農家が多いと言われている、発展途上国のコーヒー農家やカカオ農家は、児童労働や長時間労働、危険を伴う労働の温床とされています。 その解決法としてフェアトレードという仕組みがあります。 フェアトレードとは、発展途上国で作られた作物や製品を、継続的に適正な価格で取引することです。 これにより生産者の生活向上を持続的に支援す […]

  2. スポーツ・健康に関するデータの収益化をブロックチェーンプラットフォームでこう実現する【2019年最新情報】

    モバイルヘルス市場の拡大 スマートフォンなどのモバイル端末を利用して、医療行為や診療のサポートすることを「モバイルヘルス」と言います。 このモバイルヘルス市場は、ITの活用により急速に成長を遂げています。 インドのリサーチ会社Mordor Intelligenceによると、2023年に2017年の4.5倍となる1100億米ドルまで拡大すると予測されており、ヘルスケア分野の中で最も急成長している市場 […]

  3. ペット業界でニーズが高まるブロックチェーン技術。

    ペットを守るブロックチェーン技術の活用 最近では子どもを産まない代わりにペットを飼う家庭があると言われるほど、私たちの生活にとってペットの存在は身近になりました。 犬や猫など種類を問わずペットを飼う人の数が増えています。 しかしペット業界でも長い間、「いのち」について議論されています。 議論の対象はペットの殺処分やペットの保健所送り、遺棄などです。 この諸問題の解決策としてマイクロチップをペットに […]

  4. 廃棄物をリサイクルして報酬を獲得!ブロックチェーン技術が廃棄物問題を解決

    廃棄物問題の状況をリサイクルで改善するブロックチェーンプロジェクト 廃棄物処理の管理は、多くの国や地域が抱える共通のする課題の1つです。 ビットコインから始まったブロックチェーン技術はその影響力の範囲を金融から他の分野に移行し始めていますが、その1つに廃棄物の管理があげられます。 カナダで設立された世界規模のリサイクルベンチャーであるPlastic Bankは発展途上国におけるプラスチック廃棄物を […]

  5. 注目度ランキング発表!平成で1番関心を集めたブロックチェーン導入事例【平成決定版】

    2019年も三分の一が経過し、日本では元号が平成から令和に変わりました。 振り返ってみるとブロックチェーンもまた平成の約三分の一を残した時期に誕生しました。 Blockchain Business Mediaはブロックチェーン技術が発展を遂げ、ブロックチェーン=金融ではなくなった2019年から、ブロックチェーン導入事例のリリースが乏しい現状を打破すべく運営を開始し、おかげさまで多くの読者を獲得して […]

  6. アニメ『進撃の巨人』のアートワークを「Anique」 が販売開始!大好きなキャラクターが自分だけのものに!

    世界に一つだけの自分だけのコレクションとして所有・売買できる、ブロックチェーン新サービス 日本発のAnique株式会社は、アニメやマンガ、ゲームなど日本の優れたコンテンツのアートワークを、世界に一つだけの自分だけのコレクションとして所有・売買できる、ブロックチェーン技術を活用した新サービス「Anique(アニーク)」を開始することを発表しました。 その第1弾は、世界中で人気のアニメ『進撃の巨人』の […]

  7. LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)がハイブランドの価値をブロックチェーンで守る

    ブロックチェーンテクノロジーをリードするConsenSysは2019年5月16日、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)、そしてマイクロソフトと共同で高級ブランド業界の成長を推進するための共同プロジェクト、AURAについてのプレスリリースを発表しました。 AURAはルイ・ヴィトンが3年以上かけて検証を重ねたトレーサビリティプログラムの結果を受けて開発されたプロダクトです。 ハイブランドなどの高 […]

  8. カジノとギャンブルはブロックチェーン技術でこう変わる!【2019年最新情報】

    オンラインカジノ・ギャンブル業界におけるブロックチェーンの可能性 ブロックチェーンは業界問わずその技術導入により、安全性や効率を格段に向上させる可能性を大いに秘めています。 これはギャンブルやカジノ業界も例外ではありません。 オンラインカジノ・ギャンブルは、スマートフォンの普及や実店舗の減少に伴い、成長を遂げています。 しかし、そもそもカジノやギャンブルに対して詐欺・不正行為というイメージを持って […]

  9. ステーキハウスから始める!食の安全を守るブロックチェーンソリューション。

    食品の安全は誰が守る? 食品サプライチェーンの完備は、食品安全管理の観点から今多くの国々で求められています。 近年注目を浴びているスポーツ選手のドーピング陽性反応の原因の一つには汚染された肉の摂取があり、健康のみならずスポーツの公平性においてもサプライチェーンの必要性が叫ばれています。 多くの国で有害成分を含んだ食品は生命の危機への懸念をも含んだ問題となっており、現状これを打破するソリューションが […]

  10. WHY BLOCKCHAIN? ビジネスにブロックチェーンはどう有用なのか【Part1】

    Blockchain Business Mediaを運営するBlockchain Business Consultingは様々な企業やスタートアップからブロックチェーンの導入について相談を受けていますが、その中で最も多く質問されるワードがあります。 今日はそのワードについて考え、ブロックチェーンの発展と導入を進めるためにはどうすればいいのかを考えてみたいと思います。 Blockchain Busi […]

  11. WBFシンガポール技術会議の記者会見レポート

    WBF シンガポール技術会議の記者会見に参加してきました。 キラリトギンザ11Fにあるブロックチェーン専門のコワーキングスペース「BINARY STAR」で4月25日(木)、WBF シンガポール技術会議および表彰式の記者会見が開催されました。 WBF シンガポール技術会議とは? ブロックチェーン専門の企業マッチングサービス「ブロックチェーンゲート」、ワールド・ブロックチ […]

  12. 医療品サプライチェーンの問題はブロックチェーンと既存ネットワークの融合で解決する【2019年最新情報】

    米国のフィラデルフィアで開催されたMedCity Converge会議で、応用技術担当副社長のNishan Kulatilaka氏は、金融サービスに次いで医療が技術を採用する2番目に大きな分野になる可能性があると指摘しました。 データのセキュリティを担保しさまざまな医療機関間で共有可能な電子記録の浸透を促すものとして期待されているブロックチェーンですが、医薬品の開発、製造、流通を担当する製薬業界で […]

  13. 医療業界の常識を覆す、虹彩認識とブロックチェーンの融合による患者識別とデータ保存

    虹彩認識×ブロックチェーン 医療記録を変えるコラボ! 医療業界はブロックチェーンの導入やその検討が進んでいる分野の一つですが、そこに虹彩認識技術の導入検討を進めているのがPatientory,Inc.とIrisGuardの共同事業です。 虹彩認識は、瞳孔を縁取る部分の無数のシワである虹彩を個人特定に用いる認証技術です。虹彩は生後二歳前後で定着するとその後一生変わることがない一方、その模様は指紋以上 […]

  14. クレジットスコア社会の問題を改善するブロックチェーンプロジェクト!クレジットスコアを世界で平等・安全にする

    クレジットスコア社会に革新!国を超えてクレジットスコアリングを可能にするブロックチェーンプロジェクト 2015年に米国議会は、FICOという単一の機関によってクレジットスコア(信用格付)は統制されると宣言しました。 米国の貸付業者の90%以上にクレジットスコアを提供するFICOのクレジットスコアリングシステムでは、2,600万人を超えるアメリカ人が「信用不可」となり、さらに1,900万人の採点不能 […]

  15. 3Dプリンターとブロックチェーン技術の融合が製造業を根本から変える!?

    3Dプリンターとブロックチェーン技術 3Dプリンターとは、あるデータをもとに樹脂や金属などの物質を一層一層積み重ねながら、立体物として印刷(作成)するものです。 従来のプリンターと呼ばれているものは、あくまで紙やCDの表面などにインクを出し、 文字などを印刷(2D)するものですが、3Dプリンターはさまざまな方式で材料を積み重ねることで立体化(3D)させることができます。 現在では3Dプリンターの技 […]

  16. eコマース企業が暗号通貨を取り入れたプラットフォームをオープン【2019年最新情報】

    eコマース企業であるQoo10は、ブロックチェーンベースの新しい暗号通貨を発表しました。 2019年1月1日にオープンしたQuuBe(キューブ)というプラットフォームは、Qoo10の主力市場と似ており、デスクトップとモバイルで利用することができます。 QuuBeではプライベートブロックチェーントークンであるQコインを使用することで商品を購入ができます。 そして、Quubeはスマートコントラクトを使 […]

  17. インダストリー4.0のセキュリティ問題をブロックチェーン技術で解決

    セキュリティプラットフォームを確立しスマートファクトリーの提供を実現!   製造業の生産性を高める手段として、スマートファクトリーが注目されています。 スマートファクトリーとは、工場の機械をインターネットと接続し(IoT化)、製造状況を可視化・エネルギーの最適化など、ITを活用して生産を効率化することです。 そして、スマートファクトリーはドイツ政府が製造業全体の生産性を向上させることを目 […]

  18. AI裁判官も近い?中国で裁判にブロックチェーン技術とAIの採用した結果

    AIやブロックチェーンを取り入れた裁判を行った結果 北京インターネット裁判所の会長Zhang Wen氏が、2019年の中国知的所有権保護フォーラムのセミナーでブロックチェーン技術や人工知能(AI)を採用した判決を行い、素晴らしい結果を示すことができたと述べたことを地元の報道機関Global Timesが4月25日に報じました。 Zhang氏はまた以下の通り述べています。 「判決を下すためのサポート […]

  19. ブロックチェーン×IoTで車が駐車場と通信!駐車場選びも支払いも自動化

    IoT業界のサプライヤーを目指すボッシュ社 ドイツに本部を設けている自動車部品と電動工具のメーカーのボッシュは、近年IoT領域の事業においてのサプライヤーとなるため、自動車、機会、建物など日常的なモノをインターネットに接続させるための研究開発を行っていました。 ボッシュは、IoTの市場規模は来年には2500億ドルに達すると予測しており、すでに2018年に5,200万のウェブ対応製品(IoT製品)を […]

  20. 世界の航空業界がコスト削減に成功したブロックチェーン技術。航空業界が導入するべき2つのポイント

    航空業界におけるブロックチェーンの可能性 今回は航空業界とブロックチェーン技術について見ていきます。 航空業界においては大きく分けて2つのポイントでブロックチェーン技術が有効であります。 航空業とブロックチェーン技術におけるポイント(1) 1つ目のポイントはチケット、予約管理においてです。 チケットの発券、管理にブロックチェーン技術を導入することは多くの部分でメリットがあります。 実際、航空券の購 […]

  21. 小売業界を劇的に変えたロシアの小売最適化ブロックチェーンプラットフォームとは

    海外の小売業とブロックチェーンの導入事例 今回は小売業におけるブロックチェーンの導入事例を見ていきます。 ロシアの小売最適化プラットフォーム「OSA Hybrid Platform」 ロシアを拠点に開発が進められているプロジェクト、「OSA Decentralize」は 既存の小売最適化プラットフォーム「OSA Hybrid Platform」というサービスがベースになっているものです。 このプロ […]

  22. あのIBMがヨーロッパの自転車盗難問題解決のためにリソースを提供

    多くのスタートアップと提携し、積極的にブロックチェーン業界に参入しているIBM社ですが、ヨーロッパにおいて非常に人気の高い自転車に注目をし、自転車ユーザーにとって大きな懸念となっている盗難についてのソリューションを提供しました。 自転車が盗まれた場合には、反論の余地が出ないような所有権証明の提示が必要であると同時に盗難報告および届け出には様々なプロセスが必要で、時には受理されるまでに数週間かかるこ […]

  23. コーヒー農園に朗報!生産者を保護するブロックチェーンプロジェクトにインドが着手。

    コーヒーの生産者を偽造品から守る!インドがブロックチェーンを活用した国家プロジェクトを発足 改ざんの不可能性やトレーサビリティの観点から、嗜好品とブロックチェーンの相性の良さには世界的な熱視線が集まっていますが、ついに国をあげて取り組むプロジェクトが発足しました。 インディアンコーヒーという、少量の濃いコーヒーにたっぷりのミルクと砂糖をいれて飲むスタイルは近年日本でも話題になりましたが、インドでは […]

  24. 銀行で使える身分証明アプリケーションが利用開始!ブロックチェーン技術が安全性を確保する

    カナダで新しく個人情報を証明するためのアプリケーションが開発されました。 2019年5月1日、オンラインサービスへ安全かつ便利にアクセスできる認証ソリューションを提供しているSecureKey Technologies Inc.は、デジタルIDを管理できる自社アプリケーションVerified.Meがカナダ全土の5つの銀行で一般消費者が利用できるようになったことを発表しました。 Verified.M […]

  25. ポイント革命をブロックチェーンが起こす!持ってるポイントがどこでも使える日も遠くない!?

    ポイントサービスの3つ課題をブロックチェーンが解決 日本はポイント大国と呼ばれるほどポイントサービスが広がっています。 サービスを受ける消費者たちもポイントが嫌いな人はいないのではないでしょうか。 ですがサービスの数が増え、財布の中にポイントカードや溢れている、管理しきれない、という人も多いでしょう。 そのような中、共通ポイントを発行し、さらに共通ポイント同士をすぐに交換できるサービスを開始する動 […]

  26. 社会貢献型 暗号資産専用ショッピングモール「クリプトモール」を運営するcryptomall ouが株式会社CryptoPieとの包括的業務提携を締結。メディアパートナーとしてプロモーション活動を開始!

    2019年4月1日(月)Blockchain Business Mediaを運営する株式会社CryptoPieは、”社会貢献型”暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」を運営するcryptomall ou とメディアパートナーとして包括的業務提携を締結しました。 株式会社CryptoPie は cryptomall ou と、さまざまなプロモーション活動 […]

  27. 世界一のYouTuberも参戦!ブロックチェーンを使用した新しいライブストリーミングプラットフォーム

    チャンネル登録者数世界トップが動画配信プラットフォームに参加 ブロックチェーンを用いた動画配信プラットフォームの台頭は各業界から注視されていますが、 そのうちの一つであるDLiveは、チャンネル登録者数世界トップのPewDiePie氏が参加を表明したことで大きな注目の的となっています。 DLiveはビデオストリーミングから中間搾取者を取り除くことを目的として立ち上げられたプラットフォームで、 Et […]

  28. 環境問題はブロックチェーン技術で守ることができる。その取り組み方と日本での事例

    環境問題、資源管理におけるブロックチェーン 今回はリサイクル、資源管理について見ていきます。 2018年にWEF(世界経済フォーラム)において、地球が直面している環境問題をブロックチェーンが解決する可能性があるとして、報告書が発表されました。 ブロックチェーンが環境問題の一つの解決策として取り上げられたこのレポートは、環境問題のほかにも、IoTやAI知能についてもブロックチェーンとの関わりを示唆し […]

  29. アメリカはAIとブロックチェーンを利用し、5Gで中国を越えるかもしれない?

    第5世代移動通信システム(5G)にはブロックチェーンとAIが必須? 2019年5月2日に米国マサチューセッツ工科大内の研究所であるMITメディアラボとブロックチェーンを研究する団体Digital Currency Initiativeとマサチューセッツ工科大学が所有するメディア企業が刊行する科学技術雑誌MIT Technology Reviewが主催するイベントBusiness of Blockc […]

  30. 写真家・クリエイターなどの著作者の資産と権利を守るブロックチェーン技術はすでにある。導入事例と必要性

    写真、画像使用におけるブロックチェーンの可能性 今回は写真や画像使用について見ていきます。 最近はスマートフォンの普及により、手軽に写真を撮影したりSNSやウェブ上でシェアすることができます。 自分の記録用にアップしたり、SNSのアイコンに用いたり、個人でネット販売用に加工したりなど、用途は様々です。 ここで起きている問題が写真や画像の盗用、著作権の侵害です。 写真や画像において、撮影者の創作性、 […]

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す