小規模な農家の救い方!パブリックブロックチェーンプラットフォームの導入例!【2019年最新情報】

小規模な農家の救い方!パブリックブロックチェーンプラットフォームの導入例!【2019年最新情報】

食料を提供する農業は、様々な課題を抱えています。

小規模な農家の多くは作物を作る上で天候に頼らざる終えません。
そのため生産性・品質を安定させることが難しい実情があります。更に生産や品質の不安定さは、市場への安定的な参入の妨げとなってしまいます。

国連の世界食糧計画(WFP)は、気候変動と気温の上昇、自然災害、不安定な降雨パターンの有害な組み合わせにより、多くの開発途上国が食料不足の影響を受ける可能性があるとしています。そのため世界中の持続可能な農業成長と食料安全保障の未来には、小規模な農業の成長が重要な鍵となります。

Farm2Kitchenは、農家、生産者、包装業者、流通業者、運送業者、レストラン、食品販売店を含むサプライチェーンのすべての参加者を一つのハイブリッドプラットフォームに統合するための、のFarm2K Blockchainプラットフォームを構築しました。

 

Farm2Kitchenは、もともと小規模な農業の生産性向上と収益を改善させるため、過去数年に渡って、インド全土で10万人以上の小規模な農家のネットワークを構築し、農業に従事する農民に訓練、指導、そして市場への直接的な流通の提供を行っているプロジェクトでした。そして、Farm2K Blockchainプラットフォームは、小規模な農家でも直接市場への流通させるためのルートを提供し、複数の仲介流通層を排除させ、生産者には、公正な価格を提示し、結果として農家の生活を向上させることを目的としています。

 

このFarm2K Blockchainプラットフォームは、Hyperledgerを採用しています。

Hyperledgerは主に業界の規制や知的財産権の問題により、パブリックブロックチェーンプラットフォームの使用が妨げられている場合に使用されます。Farm2K Blockchainプラットフォームでは、農家から運送食品販売点までサプライチェーンのすべての参加者を統合するために採用されています。

Hyperledgerは、分散型ネットワークや改ざん不可能なトランザクションなど、ブロックチェーンによるメリットが挙げられますが、他のユニークポイントも存在します。

  1. Hyperledgerは、Linux Foundationのもとで広く採用されているオープンソースプラットフォームである
  2. Hyperledgerは、異なる業種同士でもピアツーピアの分散型元帳であるため、より高いレベルの信頼を獲得でき、サプライチェーンプラットフォームの構築に非常に適している
  3. プラットフォームには、参加者のアクセス制御を設定するための権限機能が組み込まれてる
  4. プルーフオブワークの必要がない

Farm2KitchenのCEOであるAnand Dholiは、食品バリューチェーンについて以下のように述べています。

食品バリューチェーンは生産主導型システムから需要主導型システムへと変革する必要があると考えています。
そうするために、生産者は消費者に直接接続されなければなりません。
消費者は自分の皿の上にある食べ物がどこから来たのか、責任を持って育てられたのか、それがどのようにして販売時点に到達する前に運ばれるのかについて興味をもっています。
そして消費のための安全を保障する賞味期限。
これらの目的を達成するための唯一の方法は、フードバリューチェーンのすべての関係者を集めるハブを構築することです。

世界の食料の持続可能性や安全性を向上させるための解決方法としてブロックチェーンは続々と取り入れられています。

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?