暗号通貨

ブロックチェーン×IoTで車が駐車場と通信!駐車場選びも支払いも自動化

IoT業界のサプライヤーを目指すボッシュ社 ドイツに本部を設けている自動車部品と電動工具のメーカーのボッシュは、近年IoT領域の事業においてのサプライヤーとなるため、自動車、機会、建物など日常的なモノをインターネットに接続させるための研究開発を行っていました。 ボッシュは、IoTの市場規模は来年には2500億ドルに達すると予測しており、すでに2018年に5,200万のウェブ対応製品(IoT製品)を […]

スポーツメディアの新しい形 Scorumプラットフォーム

細分化するスポーツメディアとコンテンツの多様化 昨今スポーツメディアは様々な媒体を介してコンテンツで発信され、細分化が進んでいますが、多くのメディアは常にアップデートされていくスポーツ情報に追いつくことが困難となっており、スポーツファンは本当にほしい情報を探し出すことが難しくなっています。   ブロックチェーン技術を使ったユーザー参加型のスポーツメディア Scorumはプラットフォーム上 […]

eコマース企業が暗号通貨を取り入れたプラットフォームをオープン【2019年最新情報】

eコマース企業であるQoo10は、ブロックチェーンベースの新しい暗号通貨を発表しました。 2019年1月1日にオープンしたQuuBe(キューブ)というプラットフォームは、Qoo10の主力市場と似ており、デスクトップとモバイルで利用することができます。 QuuBeではプライベートブロックチェーントークンであるQコインを使用することで商品を購入ができます。 そして、Quubeはスマートコントラクトを使 […]

ブロックチェーン技術を使えば、暗号通貨も新しい通貨として使えるようになる!?

国家経済と暗号通貨の海外事例 アメリカのドルや日本の円は「金」と同等のものとして、長い間その価値を担保されています。 本来、通貨は本質的な価値を持つ商品の代わりとして扱われています。 2017年12月、中南米の国ベネズエラは同国の石油、ガス、金、ダイヤモンドを裏付けとして 国家暗号通貨「Petro(ペトロ)」を発行し、国家経済に暗号通貨を導入することを決定し、公表しました。 ベネズエラは深刻な経済 […]

中央集権型のデメリットを分散型のブロックチェーンが解決できてしまう理由

中央集権型の問題を分散型ブロックチェーンで解決できてしまう? 人類は「中央集権」「集中化」という言葉とともに成長、発展し,中央集権を管理する者により社会は統制され、高度な技術を開発、資源の蓄積・分配などありとあらゆるものをその管下においていました。しかし社会が発展していくにつれ、汚職や賄賂、不平等、権力乱用などの問題が浮き彫りになってきました。 これは一般社会のことについて述べていますが、社会以外 […]

遺言にブロックチェーン技術を導入したアメリカの事例と日本の電子遺言

遺言におけるブロックチェーン世界の事例 今回は遺言におけるブロックチェーン技術の活用事例を見ていきます。 アメリカのNEMWillは、遺言をブロックチェーン技術を用いて執筆するプラットフォームを作りました。 この世界初のプラットフォーム構築の背景にはひとつの事件がありました。 アメリカ コロラド州で一人の青年が突然死しましたが、彼が保有していた暗号通貨は遺族に相続権があったのにもかかわらず、 暗号 […]

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?